スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユングネロ


今日はユングフラウへ列車で向かう。


グルントを朝7時半に出発して、クライネシャイデックで乗り換え、途中、
アイガーなどで5分間の途中下車を2回した後、ユングフラウに到着。

朝一番のグッドモーニングチケットだと格安のため、早朝なのに列車は満席。


たまたま列車の隣に座っていた同じキャンプ場に宿泊しているというチューリッヒ
から来たご夫婦が話かけてきた。こちらは全く見覚えがないが、そういえば、夜に一度
番犬ぶりを発揮したネロが通り掛かった男性に吠えて追いかけ回したことがあった。


何と旦那さんがその追いかけられたご本人。。


旅の話などをしながら、本旅初の列車の旅をゆっくり楽しむ。


列車の中では、観光案内があったり、アイガーを2時間48分で急いで登るチャレンジ
のDVDが流れたり、なぜか辛ラーメンが出てきたり、結構楽しい。因みに、「あ、辛ラーミョン」
とつぶやいてしまい、反対側に座っていた韓国人に韓国語で話しかけられ、さっぱり分からず。


観光案内はドイツ語と英語とフランス語と中国語の普通の男性の声で観光案内
があった後、最後にハイジの声で日本語で説明が入る。

その度に車内には笑いが起きが、日本人としては、突如として甲高い少女の声
が発せられて、ちょっとハズかしい気分になる。


列車がアイガーで途中停車した頃、Leoに異変が起きた。

全く会話に集中できない様子で頭を抱えている、高山病だ。


ユングフラウに着くと、長椅子を見つけて倒れこんだ。慌ててSOSに事情を
説明すると、アスピリンを一錠くれて、沢山水を飲むように言われる。



通りがかった賑やかなロシア人の3人組も心配して遠くからウォーターを飲めという
ジェスチャーをして立ち去って行った。


アスピリンを飲むLeo、水のボトルを持つ手がぶるぶる震えてなかなか
飲めない、これはかなりの重症だ。


そしてしばらく座っていても一向に回復しない。


しばらくして、先ほどのロシア人の一団が戻ってきた。リュックからオレンジジュースらしき
ものを取り出し、コップに2センチほど注ぎ、Leoに飲めという。


何だろう、オレンジジュース、効くのかなと不思議な顔をしながらも飲んでみるLeo。


Leo「うわっ、これ酒入ってる。」

一同、大爆笑。

ロシア人男性「イエース、ロシアン サケ、ウォットカ!」

Leo「ウォッカ?」

ロシア人全員「イエース、ウォットカ!ウォットカ!」

どうやら正式な発音には小さい「ト」が入るらしい。


さっき通り掛かった時も、どうもウォットカを飲めと言っていたらしい。
そういえば、親指を立てて口に持っていくあのジェスチャーは
お酒を飲むという意味だったではないか。

コップを返すと、お代わりだと思ったのか、もう一杯注いでくれ、
挨拶をして元気にハイキングに出かけていった。


Leoはウォットカを2杯飲み干した直後に何と急に回復してきた。


アスピリンが効き始めたのか、ウォットカの効果なのかは未だ不明だが、
おかげでLeoも氷河の散歩を楽しむことができた。


見知らぬ他人なのに困っているのを放っておけない、何て温かい人たちなんだろう。


さあ、治ったLeoとネロと皆でやっと氷河を見にいける。



111005 DSCN0748 gracierleonero
そんな訳で、この写真は人との出会いがもたらした奇跡の一枚なのだ。



ちなみに、犬は高山病に弱いと聞いていたので心配していたが、ネロには全く
異変がなく、氷河の上でも元気に散歩を楽しんだ。

Leoの回復を待っている間も早く外で遊ぼうよと誘っていた。



111005 DSCN0715 gracier
標高約3500mの氷河を散歩するネロ。



ネロと氷河。




この辺りでランチにしようか。




温暖化で氷河が少なくなってきたと聞いているが、
ユングフラウの建物の入口が見えない位の位置まで氷河
の上を歩いてみたが、その先にはまだまだ氷河が続いていた。


そこまで小さくはないらしい。



モーニングチケットは12時までにユングフラウを出なければいけない。


12時の列車を待っていると、待っているメンバーは行きとほぼ同じメンバー。


皆一様にぎりぎりまで楽しんだらしい。恩人のロシア人の一団にも再会しお礼を言えた。



コメント:


ユングフラウ近くの氷河にいけて、良かった!電車に乗れるか心配してたよ。

未だGrindelwald付近に滞在しているなら是非セルトホンの回転レスラランに行って見たらどうでしょうか?アイガー、メンヒ、ユングフラウの三山の連なりが見えます。これからどこへ向かいますか。
スイスにいるなら是非マッターホルンの麓Zermattへ行ってみて下さい。街は車乗り入れ禁止ですが一年中日本人の最高の人気の街です。私も二回行っていますが何度行ってもいいと思います。所で私のコメント伝わっていますか? Have a nice day!

なんだこりゃ~

すごいとこだなこりゃー。
なんてながめでしょ。
うーん、ミクロなネロがすんげーかわいいな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:
http://nero0804.blog.fc2.com/tb.php/75-39f1b9ae

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。