スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスボン ランチ

さて、犬がレストランに入れないらしいリスボンにて
ランチにしては遅くなってしまった、早めのディナーを
どこで食べようかと悩みながらふらふら歩いていると、
丁度よく呼び込みにキャッチされた。

犬が居てもいいの?と聞くとテラス席なら大丈夫だそう。

ほっとして、歩き疲れた体を落ち着け、お勧めのセット
を注文する。

ドリンクにデザートに食後のコーヒーにサラダに何かと
付いてきて一人10ユーロしない値段な事もあり、あまり期待
しなかったのだが、サルディーニャ・アサード(鰯の塩焼き)
も柔らかい小イカの塩焼きもとても美味しかった。
ポルトでもそうだった様に、素材で勝負という感じだ。

1112DSCN4944 lunch
サルディーニャ・アサード(鰯の塩焼き)と小イカの塩焼
とセルベージャ(ビール)とスーコ・デ・ラランジャ(オレンジジュース)

担当してくれたウェイターさんは大の犬好きらしく。
自分のプリンセスだと言って、携帯の待ち受け画面の
愛犬のシェパードの写真を見せてくれた。

しかも本旅最高の褒め言葉、この犬はインテリジェントだ。
なんて事までネロに言ってくれた。
ちょっと気恥ずかしいが、こう言われて嫌な飼い主は居ない。

犬がレストランに入る事が禁止されている事について訪ねて
みると、本当にバカな法律なんだ、と怒っていた。犬好きの
オーナーのレストランでは、入れている所もあるらしい。

1112DSCN4951 mise
ウェイターさんと。

サービスで出してくれたコーヒーの食後酒も美味しかった。

リスボンがとっても好きになった食事だった。

1112DSCN4939 yurupolice
帰りに発見したゆる~い警官たち。

セグウェイに乗って談笑しなから業務って、いいなぁ。


1112DSCN4984 eggtarte
ジェロニモ修道院の近くにある、超有名店のエッグタルトやさん。

バリっとした生地の熱々のタルトはなかなか美味だった。
外からは分からないが、中で食べられるようになっており、
とてつもなく広く、200人位は座れるようになっている。
一大観光地だ。


1112DSCN4973 zou
大航海時代を記念した発見のモニュメント。

富を求めて坊主も貴族も海へ、海へ。の様子が
描かれていると聞いていたがまさにその通り。

狙っているのかどうか分からないが、貪欲な様子に
つい笑ってしまう面白い像だった。






コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:
http://nero0804.blog.fc2.com/tb.php/388-f3af87cf

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。