スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェローナ

ヴィチェンツァからまた西へ車を1時間程走らせ、
ロミオとジュリエットで有名な中世の街、ヴェローナへやって来た。


1110DSCN2536 corosseo
こちらがコロッセオ。




1110DSCN2519 romeo
これがロミオの家。




1110DSCN2517 romeo nero
あの有名なセリフがちゃんと書いてある。


でもそれ以上にラブラブな落書きが沢山書いてある。





1110DSCN2531 juliet
こちらがジュリエットの家。


ロミオの家が閑散としていたのに比べて、こちらは観光客で一杯だ。




1110DSCN2533 juliet mon
ジュリエットの家の入口。


ありえない程の恋愛の落書きとカラフルなチューインガム
のようなもので埋め尽くされていて、酷かった。


因みに、ロミオとジュリエットの家は3ブロック位しか離れていない。


夜にロミオが簡単にジュリエットの家に遊びに行ってしまったのも、妙に納得してしまった。

ご近所さんだったのね。




ヨーロッパに来てからずっとあちこちで売られていてずっと気になっていた焼き栗を遂に購入。



1110DSCN2523 yakigurinero
栗を炒っただけの、何も味付けしていないもの、中身は綺麗な黄色。


節分の大豆の味に似ていて、素朴な美味しさだった。



コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:
http://nero0804.blog.fc2.com/tb.php/235-7e4dbc5f

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。