スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライア・デ・ファーロ

リスボンから南東へ約3時間程車を走らせ、
次の宿泊地プライア・デ・ファーロへ到着した。

いつもの如く夜遅くに到着したが、頼むと1Fのレストランで
ビールとつまみを用意してくれた。胃の調子が悪く食欲がないヒー
にはココアを用意してもらい、部屋に持ち帰り遅めの夕食にする。
ビールにトリッパのガーリックソテーは相性抜群だった。

夜が明けてみると、そこには想像していたよりもとても明るいビーチが広がっていた。

1112DSCN5016 surfer
サーファーが沢山。

1112DSCN5013 surfing
ビーチブレイク、楽しそう!

サーフショップがないのが残念だった。

1112DSCN5020 coat
ビーチサッカー用のコートもある!


1112DSCN5000 faro  Nero
こちらは宿泊した宿の目の前のビーチ。

ネロが嗅いでいる犬の名前はドラジーニョ、宿で飼われている犬だ。
彼はノーリードでいつも自由に歩き回っている。

宿の人にネロから目を離さないように言われたので、
よく話を聞いてみると、とても悲しい話を教えてくれた。

ここプライア・デ・ファーロへ来るには長い橋を渡る必要がある。
その事を利用して、本土から犬を捨てに来る人が多いらしい。
犬は長い橋が怖くて渡れないので、自力では本土に戻れない事を知っての事だ。

そしてまた捨てられた犬をさらっていく人も居るので
気をつけて、との事だった。

ドラジーニョは8年前に捨てられ、いつまでも拾われないので宿の人が
世話をしてきたらしい。色が似ているので、ドラ=黄金、に少年の愛称である
ジーニョをたして、そう呼んでいるそうだ。ドラジーニョは島へ来る車には普段は吠えないが、
たまに特定の車に向かって吠えたてる。そして、どことなく悲しそうな顔をしている。

1112DSCN4987 bridge
これが本土からプライア・デ・ファーロへと続く細く長い橋。



1112DSCN4996 Dorajinjo
宿の入口がドラジーニョのハウス。

ネロはお菓子をあげるとすぐに食べ始めるが、
ドラジーニョはすぐには食べずにキープしておくのが印象的だった。

仲良くなってしまい、最後は離れるのがとても辛かった。

さあ、先は長い、スペインへ向かおう。

1112DSCN5025 spain
ポルトカルからスペインへ向かう国境。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。