スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーデンバーデン

一度は行ってみたいと思っていたドイツの温泉地、バーデンバーデン。


ストラスブールからは北東に車で1時間くらいで着くはずが、バーデンバーデン
の中心部に行く道路が工事中で、例によってナビと格闘して随分遠回りをして
やっと着いた。


目指すのはカラカラ浴場、ネロには近くの駐車場の車中で留守番をしてもらう。




1110DSCN3109 badenbaden
こちらがカラカラ浴場の入口。


早速入ってみると、ヨーロッパでは一般的なロッカーは男女が一緒で、鍵つきの
個室の着替え室があるタイプ。


腕に巻くタイプの電子キーがあり、それでロッカーを開け閉めしたり、飲食をしたりする。

男女で行く場合に待ち合わせの時間を決める必要がなく、
お金も持ち歩かなくてよいので大変便利だ。


いざ、浴場へ。



1110DSCN3117 baden
中にはプールの様な浴場が4つあり、温度がそれぞれ違う。



そしてやはり温度はぬるめなので、温かい方が混んでいる。


外には2つプールがあり、そのうちの一つは流れるプール。




サウナは木に水が滴っているタイプとアロマの香りがする2つの
タイプがあり、アロマの方はミントの香りがほんのりして入って
いてとても爽やかで気持ちが良い。



実は少し頭痛がしていたが、このアロマサウナですっかり治ってしまった。


でも有名な浴場なのにスーパー銭湯っていう感じだなぁ、と思い
ながらも、流れるプールで必死で歩いて運動不足を解消したり、
中で食事をしたりして楽しむ。



上の階には水着を着てはいけないサウナがあるらしいというので、
まあどんな所か覗いてみようということになり、食事の後上の階へ。


上の階に上がってビックリ!


本当に皆スッポンポン。


階段を上がりきったところに水着をしまう棚があり、着いたばかりの
人々は少し恥ずかしそうに水着を脱ぎ、バスタオルを巻いたりしているが、
中から出てきた人々はもう恥じらいなどはなく、とても気分良さそうに
スッポンポンで歩きまわっている。


木の屋外サウナやジャグジーなど数種類の小さめの温泉が沢山あり、
男女ともに皆さん裸体で気持ち良さそうに入っていて、とても賑わっている。


どうやら、こちらが本当のカラカラ浴場の様だ。


裸くらいで恥ずかしがっている方が恥ずかしいような雰囲気に圧倒される。



人が入っていない所かバスタオルを巻いている人がいる所があったら入ろう、
とバスタオルをしっかり巻いて1周するが、そんな場所はないようだ。

しかも、ア人の裸に興味があるのか、
おじさんが一人私達が脱ぐのを待っている気配。


圧倒されて、そそくさと水着を着て下の階へと急ぐ、日本人2人。



ネロが待つ車へと戻るとネロは待ちくたびれて、もう起き、そわそわしていた。



そういえば君はいつも裸だったね。




少し散歩をした後、犬と人間とドイツ人と日本人の違い
について深く考えながらバーデンバーデンを後にした。

















スポンサーサイト

ウィルアイアムで椅子を探せ!

今日やって来たのは Weil am Rhein (ヴァイルアムライン)という椅子の町。


ヴィトラ社という椅子の製作で有名なメーカーの創業地らしく、町の様々な所に
椅子の名作のレプリカが21個置かれている。スイスとフランスに隣接していて、
車で走っていると今どの国に居るのか分からなくなるが、一応ここはドイツだ。


そして町の名前がなかなか覚えられず、ウィルアイアムと呼んでいる。



インフォメーションの前に車を停め、早速椅子探しに出かけた。



1110DSCN2962 information
1個目の椅子?


ではなくこちらはインフォメーションの椅子。

紛らわしい!



1110DSCN2940 isu1
早速1個目の椅子発見!


インフォメーションの向かいにあるので見つけやすい。



1110DSCN2945 isu2
2個目。お座りってこういう時にやるんだっけ?



1110DSCN2950 isu3
3個目。ほほぅ、高い所にありますな。


高いところにあるほうが多いようで、視野を広く保って
いないとなかなか見つけられない。



1110DSCN2953 isu4
4個目。今日は撮影が多いなぁ。




1110DSCN2958 isu5
5個目。あのう、だからお座りって・・。




1110DSCN2965 isu6
6個目。


まだやるの?




1110DSCN2968 isu7
7個目。どこまでもやるんですね?




1110DSCN2970 isu8
イエーイ、8個目。



1110DSCN2972 isu9
ハイハイ、9個目。




1110DSCN2977 koen
10個目の椅子はこの公園の中にあるらしい。


広い公園で誰も居ないので、椅子を探しながらネロをノーリードで遊ばせる事にした。




1110DSCN2984 hashiru
久しぶりの芝生での追いかけっこに大喜びして走り回るネロ。

うひゃー楽しい!


今日は撮影ばかりでつまらなかったんだよね。



ノーリードで放っておいてたら視界から居なくなり、
やっと戻ってきたと思ったら泥だらけで臭くなって戻って来た。



慌てて水道を探して洗ったが、なかなか匂いが消えない。



今まで嗅いだ事もないような本当にひどい匂いで、車に乗せると運転に集中でき
ないくらい。


二人で臭い臭いと言っていたらネロも少し元気がなくなってしまった。



椅子探しは諦め、急いで宿に行ってじっくりネロを洗うことにする。

あと12個の椅子は、またいつか探そう。




ヴィース教会

111006 IMG_0641 christ
こちらの教会はキリストの像が涙を流したという奇跡が起きたために巡礼者が絶えず、建てられたという教会。


ノバインシュタイン城から車で20分くらいの所にある。
カーナビに従ってきたのだが、道中はずっと牧場地帯で、広々とした気持ちのいい道だった。


一車線しかなく車が離合し辛い道もあったのに、着いたら観光バスが何台か止まっていて、
割と大きな道も別にあった。そういえば、何度かこういう事があった。

使っているナビはガーミンというヨーロッパではポピュラーな、とても使い易いナビなのだが、
どうも走り易い道ではなく、最短のルートを探しているふしがあり、要注意だ。



111006 IMG_0639 inchurch
ネロ、初めて教会に入る。


さすがに気を遣ってバッグに入れて入ることにした。



中では静かにするように注意書きがあり、皆教会に感動して静かになっている
雰囲気だったので、やはりバッグに入れてきて良かったと思って外に出たところ、
どデカいワンちゃんが教会に堂々と歩いて入ってきた。


あ、歩いて入っても良かったのね。



111006 IMG_0638 fresco
天井にはフレスコ画が描かれている。外側は質素で、中は本当に豪奢な教会だった。


信者ではなくとも、その美しさにはただ感動するはずだ。


111006 IMG_0649 bokuyoken
ヴィース教会の隣の牧場から出てきた牧羊犬。


強面なのに優しい犬で、ネロに穏やかに挨拶をしてひと時遊んだあと、
持ち場に戻っていった。



111006 IMG_0648 bokuyonero
牧羊犬とネロは笑ってしまうくらい尻尾がそっくりだった。


全く同じように巻いている。笑


ネロシュヴァンシュタイン

111006 DSCN0820 novainero
チェコに向かう途中、ドイツのノイシュヴァンシュタイン城に寄る。

城に近付くには、駐車場から、結構な坂道を歩いて登っていく。

かつては国の財政を傾けた城も、今ではバイエルン地方の重要な収入源だと
ガイドブックに書いてあった通り、平日なのに観光客でごった返している。

馬車でも行け、馬車は引っ切り無しに往復していて、城へ続く坂道には馬Pが沢山。

やっと登りきったと思ったら、おや、下で見た美しい城とは少しイメージが違う。

その時、ノバインシュタイン城は遠くから見るべし、という助言を少し前に
友人ねぎからもらった事を思い出した。


111006 DSCN0831 novai
こちらが麓から見たノバインシュタイン城。

見る角度によって全く雰囲気が違うので、今登った城
とは別の城かと一瞬思ってしまう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。