スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ観光

今日は特にやらなければいけない事もないので、パリ観光に専念、
使い慣れてきたヴェリブでパリを疾走しよう。


1110IMG_0006 notredame
ノートルダム前にて。


写真を撮るためにLeoと離れて一人になった途端、
おばちゃんに話しかけられる。

自分も16歳になる犬を飼っているとか何とか。




1110IMG_0013 pb
ヴァンドーム広場にて。


PBの前で写真を撮ろうと、また一人になった途端話しかけられる。
話しかけ易い顔なのか?



シャンゼリゼの入り口付近でヴェリブを一旦返却し
散歩をしていたら、アバクロ臭がしてきた。


辺りを見渡すと、何と通りの反対側にアバクロがあった。
シャンゼリゼの反対側まで匂って来るとは・・。


1110IMG_0037 aba
アバクロは最近開店したらしく、行列が出来ている。





1110IMG_0043 chanse
凱旋門前にて。



凱旋門前でまたヴェリブを借り、凱旋門のロータリーに自転車で
入ってみる。今まで車で入ったどのロータリーよりも交通量が多く
出入り口も多く、最も難しいタイプ。



また信号と交通量の関係でロータリーの中の渋滞で止まる時間がある、
流れ出したら遅れずに出なければ危ない、自転車では命がけだ。



何とかエッフェル塔方面の道へ抜け、エッフェル塔へと向う。




1110IMG_0083 effel
1時間毎にイルミネーションがきらきら光るエッフェル塔に目を輝かせるネロ。




1110DSCN3427 macaron
パリの普通のマカロンはこんな感じ(こちらはバスティーユ近くのパン屋で購入)。



日本で一般的なマカロンよりもかなり大きい。



1110IMG_0064 macaron
こちらがエッフェル塔近くで購入したマカロン。



中にたっぷりのアーモンドクリームと苺がはさんである、幸せの味。



夕食は友人のお勧め、エッフェル塔近くのカフェコンスタン(Cafe Constant)へ。


人気店のため混雑しており、入るのに20分程待ったが、入り口のバーで飲み物
を飲みながら座って待てるので、あまり気にならなかった。



1110IMG_0089 pumpkin
こちらはかぼちゃのスープ。

ストラスブールでは栗が入れてあった事に驚いたが、
こちらのスープはさらに手が込んでいて、砕いた栗と小さくちぎった
様な形のチーズが入っており、真ん中には無塩バターが乗せてある。


絶品。



1110IMG_0092 artichaut
こちらはアーティチョークのサラダとハトのソテー。

このアーティチョークのサラダは、かなりの絶品だった。


アーティチョークの芯の部分だけを使ってあり、芯の部分は蕪と里芋と
アスパラを足して3で割った感じの味で、食べ応えのあるサラダ。


今日も楽しく美味しい一日だった。


スポンサーサイト

ラ・トワレタージュ

本日のメインイベントは本旅初のネロのグルーミング。


フランスではトワレタージュと言うらしい。

爪が伸びてしまっているのと、ホテルで普通のシャンプーで洗っても
ヴァイルアムラインでついた臭いが取れないのとで、そろそろ潮時だ。


昨日予約したバスティーユ近くのペットサロンへ行き、
シャンプーとカットと爪切りと耳そうじと肛門腺をお願いした。

ネロは日本の時と同じ様に緊張しつつも仕方ないかという感じで、
優しそうなお姉さんに連れて行かれる。


ネロを預けた後、人間二人はヴェリブでポンピドゥーへ向う。


近代アートは難しかったが、いくつか分かり易いもので
気に入った物もあった。



1110DSCN3437 kanaami
一番のお気に入りはこの花模様のフェンス、実際に使えそうな所が好きだ。




1110DSCN3448 ponpi
ポンピドゥーの上の階にあるカフェにて。


カフェは全部のテーブルに薔薇が1輪挿してあり、
新しいアイディアでも生まれそうな、お洒落な空間だった。


ペットサロンへネロを迎えに行くと、ピッカピカのネロが
お姉さんに連れられて尻尾をブンブン振り回して出てきた。




1110DSCN3431 before
Before


1110DSCN3473 after2
After


仕上がりも良いし、特に痛がっている様子もない。



ネロはどうやら大人しくしていたらしく、サロンのお姉さん
はベタ褒めしてくれ、ジャンティとスーペルを連発。



飼い主が犬を褒められると弱いのは万国共通。


もちろん、このサロンのファンになってしまった。



1110DSCN3369 dog in the city
こちらが今回利用したペットサロンのDog in The City


ネロをヴェリブに乗せ、サロンのお姉さんに聞いたポンピドゥー方面の
ペット用品のお店、ムスタッシュへ向う。


日本から持って来ていたカリカリの減りが思ったより早く、
無くなりそうなので困っていたが、このお店には
Bio(オーガニック)のカリカリがあるらしい。



1110DSCN3461 moustach
ムスタッシュの店内にて。



ムスタッシュは本当にドイツ製のBioのカリカリが置いてあったし、
ペット用品も可愛い物が充実していた。


カリカリとリード2本を購入し、ホテルへと戻る。


パリ3日目、ネロデーが無事終了。



今日はiPhoneの日

今日はiPhone交換の日、ホテルのキッチンで久しぶりの手作り朝食をがっつり
食した後、またバスとメトロを乗り継いで予約先のオペラのアップルストアへ向う。



1110IMG_0017 apple
オペラの隣の美しい建物の中にアップルストアはある。


店内は新しい機器を買い求める人や修理を依頼する人で溢れておりとても
活気があり、最新機器と美しい内装のギャップと調和が面白い。


外にはiPhone4sを求める客で長蛇の列、フランス人も並ぶのか。



1110DSCN3345 lenero
アップルストアでつまらなそうに待機するネロ。

ああ早く散歩に行きたい。


名前と予約時間を伝え、15分くらい待たされた後、修理担当に事情を
説明し水没チェックが終わるとすぐに交換の手続きをしてくれる。


言語の設定を日本語にするのに10分くらいかかった後、これで終わりと言う。


交換には普通150ユーロかかるが今日は無料でいいそうだ。


日本では買って1年以内の交換は無料らしいけど、まさか全世界で?

でも印刷したゼロユーロの部分を他の同僚に見えないように手で隠して
いるのは何故だ?事情はよく分からないが、担当者の気が変わらないうち
にそそくさと店を後にする。

やったー!とにかくiPhone入手、また身動きが軽くなれる。


いつもは日本企業製を応援しているが、今回ばかりはアップルに感謝。

アップル最高、パリも最高。


上機嫌でオペラ界隈の、レストランへ向う。


今日はビストロサントノレでC坂さんとランチの約束をしているのだ。

ビストロサントノレは美味しいブルゴーニュ料理が食べられるとっても
感じの良いお店。


1110DSCN3347 saint honore
子牛の煮込み、子羊のシチュー、エスカルゴ、ポテトグラタン。



どれも美味しいが子牛の煮込みとパンが絶品だった。


また、エスカルゴが出て来ない時にどうすれば良いのか教えてもらえたのも良かった。

マダムに1つエスカルゴが出てこないと泣きつくと、逆さまにしてトントンと叩いてくれ、
すっと出てきた。

うーん、サザエと違って蓋がないから実に簡単だ。



1110DSCN3350 nero neru
店内でお腹を出して寝るネロ、ここはとても落ち着くらしい。



1110DSCN3351 cafe
食後のコーヒー、砂糖のスティックがとても可愛い。


食後はパリのレンタル自転車、ヴェリブで少し観光を。


オペラ近くのヴェリブステーションの機械で借りる手続きをしていると
ジプシー風の女の子5人くらいに署名してほしいと囲まれた、あまりの
騒々しさに困っていると、車で通りかかった男性が「そいつらは泥棒だ、
気をつけろ!」と注意してくれた。

車の男性がしばらく見ていてくれ、女の子達もまずいと思ったのか離れて行き、
幸い皆何も被害は無かった。


結構流行っている手法らしく、顔などを攻撃してきて驚いているうちに
貴重品を盗んでいくこともあるらしい、要注意だ。

しかも女の子達はあの後も普通に堂々と街を歩き、歩行者にスリを試みたり
もしていた。

これでいいのかパリ?


無事ヴェリブを借り、C坂さんに名残り惜しい別れを告げ、セール川近くを
自転車で走り回る。


パリは自転車専用道路が少なく自動車と同じ道路を走る
事が多く、運転は危険、スリル満点だ。



1110DSCN3359 louvre
ルーブルのピラミッド、いつ見ても浮いている。



1110DSCN3365 pontneuf
素敵なポンヌフ、ここで出会った事にしようかな。



予め目星をつけておいたバスティーユ近くのトリミングサロンへ行き、
店の好感度を確かめた後、明日のグルーミングの予約を取り、本日の任務完了。



ポンマリーでヴェリブを返却し、辺りを散歩、
店が沢山あって歩いていて楽しい。


セーヌ川ほとりでは人も少なくネロもノーリードで散歩できた。



あ、カラフルな物しか売っていないシャツ屋さんを発見。

N葉さんに教えないと。


1110DSCN3381 colorful
こちらがカラフルなシャツ屋、撮影禁止マークがあるので遠くから撮影。




1110DSCN3402 metro
ポンマリーからメトロ7番に乗ってホテルへと帰る。

パリは楽しいなぁ。



パリ到着!

やっと、念願のパリへ到着。


パリは、二人の出会いの地という事で元々楽しみにしていた都市だけれど、
今回はiPhone交換の予約があるため、本当に、本当に心待ちにしていた。



たまたまパリに遊びに来ていると連絡があっていたC坂さん、もう発ってしまっている
かもしれないとダメ元で電話してみると、何とまだパリに滞在中とのこと。


早速夕食の約束をしてホテルへ向う。

久しぶりの人との約束が嬉しくて心が躍る2人と、その雰囲気を感じ取る1匹。


パリの郊外のホテルでチェックインを済ませ、C坂さんが滞在しているオペラへ
バスとメトロを乗り継いで向う。



プラハで痛い目にあった私達はきっちり切符を買ったが、
パリは本当にキセルする人が多い、飛んだり、潜ったり色々だ。




1110DSCN3340 opera
オペラ座前にて、ネロと。


まさかまたヨーロッパで会えると思っていなかったC坂さんとの再会を喜び、
オペラのカフェドラペに夕食入る。


入り口に犬禁止マークがあったが、予約をしていたせいか何事も無かった
かのように入れてくれた。



Webの口コミで評判の良かった生牡蠣を盛り合わせで注文、よく冷やしてあったせいか
フランスの牡蠣はこうなのか、牡蠣独特の匂いが少なく何個でも食べられそうな美味しさ。


最初はレモンを絞っただけでいいただき、少し飽きてきたら刻んだオニオンが少し入った
赤ワインビネガーをかけて食す。



1110DSCN3320 kaki
こちらが美味しすぎる生牡蠣。



1110DSCN3322 muniere
平目のムニエルとオニオングラタンスープ。



どちらも美味しかった。

特にオニオングラタンスープはぎっしりオニオンが入っていて、食べ応えがあった。



1110DSCN3328-cafe-dela-paix---コピー
C坂さんとカフェドラペにて、装飾が美しい店内。


若手でぎこちなかったが店員もとても親切で、とても楽しい夕食だった。


パリ、好感触。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。