スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンセバ再び

ブルゴスを朝早く出発し、約300km北の
目的地サンセバスティアンへ向かう。

どうしてもB-chanに行ってほしくて、
サンセバスティアン再びだ。

12-IMG_1910 bi-chan
B-chanこの旅、初運転。


途中休憩を入れながら3時間程で到着し、

すぐに以前も利用したサーフショップへ向かう。


12-DSCN5828 surf
準備完了。

今日は日本でも使用しているスパイダーが借りられたもよう。


わたくしは、11月末の大西洋に入る勇気はございません。
2週間前すでに極寒だったし。



12-DSCN5842 otomodachi1
おっ、早速お友達登場だね。



12-DSCN5843 otomodachi2
サーフボードへ寄っていくお友達、追いかけるネロ。


あれ?この動き。。





シャーッ。



12-DSCN5844 otomodachi3
サーフボードにおしっこかけられました、笑!


犬のこの動きは本当に一瞬の出来事なので大体阻止できませぬ。




12-DSCN5845 otomodachi4
今度は人好きのお友達登場。





12-DSCN5847 otomodachi5
お友達が海の中まで追いかけて来ようとする。





12-DSCN5849 otomodachi6
危ないからもうお帰りよ。





12-DSCN5850 otomodachi7
無事に帰っていくお友達、着水するLeoとB-chan。



ああ、良かった。




12-DSCN5851 otomodchi8
ひと波乗り越えて、




12-DSCN5852 otomodachi9
いつも通り仲良く沖に出てゆきます。



12-DSCN5853 otomodachi10
無事、波に乗れそうな位置まで到着。





12-PIC_0409 nero
あーあ、行っちゃったねネロ。

さあ、何しようか。




12-PIC_0377 inu
お友達の方は砂ほりほりして遊んでますね。


この方が飼い主さん、日本に一度行った事が
あるらしく、沢山話しかけてくれました。

スペイン語で。


Leoヘルプ。。。




サンセバで普通のランチをするのももったいないので、
さあ、ランチを買いにピンチョス街まで行きますか。


ここからだと結構遠いので、いい散歩になりそうだね。


の~んびり昼間の街を眺めながらネロと歩き、
テイクアウトをやってくれそうなお店をみつけ、
また戻ってきました。


ランチですよ~


12-DSCN5861 lunch
海あがりのピンチョスはさぞ美味しいんだろうな。


そしてまた海に戻っていく2人でした。


12-PIC_0413 yugure
日も暮れ始め、やっと上がってきた2人。

夕暮れの空がとても綺麗。

2人ともすごく楽しめた様です。

B-chanの今日イチの時には歓声が上がったとか、
感じのいいローカルです。

12-PIC_0426 shower
極寒の中、シャワーを浴びる2人。

水ですよ水!!


12-PIC_0439 street
極寒の中、パン一でサーフショップへと戻っていくB-chan。



12-PIC_0444 street2
ベビーカーの子供もびっくりですね、振り返って見てます。


12-PIC_0446 marsera
今日の店番はアンジェラアキ似のお姉さん、マルセラ。

昼間は彼氏と原チャでランチに行って来たところ
を目撃しました。仕事中に彼とランチ、良いなぁ。

この前のナターシャマケルホーン似のオーナーは
今日はいないようです。

そしてなぜかレッドブルをタダでくれる。

何で無料なのか聞いたら、オーナーがレッドブルの役員と
お付き合いしてるんだとか、さすが超美人さんたち。
男子がほっときませんな。

で、今日もオススメのピンチョス店を聞いてみる。

ふんふん、コンテストで優勝したことがあるお店と
この前も行った彼氏が勤めているお店を教えてくれた。

まずは彼氏が勤めているほうから行ってみよう。


今日はずっと外に居て一睡もしていないおつかれのネロ
には駐車場の車にてお留守番をお願いし、1軒目へ。


12-IMG_1926 kaeru
蛙に鱈のコロッケにエビのパスタ巻揚げにと色々と注文。

このお店、何でも美味しくて活気がある。

この前スペイン語を教えてくれたイアンソープ似の店員
さんは残念ながら居ないみたい。


12-IMG_1927 b-chan kaeru
カエルを食すB-chan。

みずみずしい鶏肉みたいで本当に美味しいんです。


12-IMG_1921 astelena
こちら左がマルセラの彼。


こわもてで無愛想なのに、マルセラの話をすると急に
デレデレに。すっかり恋してますな。



そろそろ1軒目はほどほどにして、2軒目に移ろう。



12-IMG_1937 zeruko2
こちらがZERUKO、コンテスト優勝の方。

彩り鮮やかな料理が所狭しと並んでいるお洒落なお店。


エルブジを特集したTVで見たことがある人工的な料理法を
使った料理もあったりして、なかなか楽しい。

大きなオリーブの実かな?と思ったらカプセルの中に
砕いたオリーブが入っていて一口で食すやつとか。

そして見た目だけではなく味も美味しい!


12-IMG_1933 zeruko
この写真右側に写っているマダムが気さくに話しかけくる。

まずはサングリアを頼もうとしたら、そんなもの頼むの?だって。

あとはLeoっていう日本人の料理人がうちにもいるのよ、とか

壁に飾ってある絵の話とか。

他愛もない会話が旅人にとってはとても物珍しくて嬉しい。


そして黒板に書かれた文字だけで内容も聞かずに
オーダーしてしまったのがこちら、

12-IMG_1940 bob
Bob-Lemon。

スペイン語だらけのよく分からない黒板に
ボブレモンなんて書かれてたら気になってしまって。

正解はデザートでした。

しかもこの横についている菊の花は舌を眠らせる効果
があるので、必ず全ての料理を食べ終わってから食す
ようにとの事。

そしてどの部分もやはりどうやって作られているか
まったく分からない未知のデザート。

B-chan、ボブレモンを食べた感想を表現してください。

12-IMG_1945 bob-go
こういう味だそうです。

この菊の花、食べると本当に舌がしびれて
味が分からなくなったので要注意。


あまりにも全てが美味しくてついつい食べ過ぎて
しまい、もうハシゴは出来そうにない。


12-IMG_1947 bar
こんなに沢山お店があるのに、無念。

外まではみ出して、皆ワイワイ賑わっている。

12-IMG_1948 cafe
ちょっとカフェでコーヒーを飲んでから、

車で40分程北のビアリッツのホテルまで向かいます。


























スポンサーサイト

サンセバスティアン

サンセバスティアン、ここはスペインの高級
リゾート地でサーフスポットでバルの聖地。

まずはサーフスポットへ向かう。

1111DSCN4435 san
今までの荒波と違って、穏やかな海。
これはヒ波ではないかな。

まずは砂浜でネロとひと走り。


1111DSCN4446 asobu
海はいいね!


1110DSCN4442 hashagisugi
はしゃぎ過ぎ!


1111PIC_0401 are
おや?


1111PIC_0403 arere
似てるね、君!


ビーチからすぐの所にあるサーフショップで板とウェット
を借り、ネロを車に残し二人で海へ出る。

ショートの板が殆ど置いていないショップにも関わらず、
借りた板は偶然にも日本で使っているスパイダー。
これは良い予感。

うわっ、水冷!
我慢して必死でパドリングし、体を温める。

なかなか温まらないが、
我慢してとりあえずかけてみる。

あれ?思ったよりかかりにくい。

そうこうしているうちに体が極冷になり退散。
極寒の中、ビーチにある水のシャワーを浴びて
サーフショップへ着替えに駆け込んだ。

日没までゆっくり楽しんだLeoも着替え終わった後、
サーフショップのお姉さんが教えてくれたお勧めの
バルへと向かう。

ここサンセバスティアンではバルのはしごが楽しい街で、
どの店も入るとずらっとピンチョスが並んでいる。

1110DSCN4450 pinchos
こちらはコールドのピンチョス。このまま取って食べていい。


1110DSCN4451 pinchos
こちらはお店の人に頼むと厨房で焼いたり揚げたり、
何か手を加えてから出してくれるピンチョス。

見た目も楽しいが、一品一品のクオリティが本当に高い。


1110DSCN4464 barnero
店内でのネロはこんな感じ。

床にゴミを捨てる習慣があるので、ちょっと下には置けない。
目の前の良い匂いにも負けず、ずっとおとなしくしていてくれた。

店が開いたばかりの時間に行ったので、イアンソープ似の英語が
話せる店員にスペイン語を習ったりしながらゆっくり過ごして
いたら、1時間もするとあっという間に人で一杯になった。

30~40人の飲み物のオーダーを、2人の店員がメモも取らず
にさばいていく。すごい記憶力だ。

良い気分になっていたら、日本語が少し話せるスペイン人男性に話し
かけられた。日本に住んだ事があるらしい。ネロの話や旅の話、
日本の話で盛り上がる。しかも彼はサンセバスティアンの出身で、
小さい頃から今日のポイントでサーフィンをしてきたらしい。
今日は波が小さめだったが、高く上がることも少なくないとのこと。

明日海に行くから一緒にどうかと言われたが、予定があり先を
急がなければいけないので残念ながら断った。
ローカルと一緒に行けたら楽しかっただろうなぁ。

楽しい店を後に、2軒目へ移動する。

1110DSCN4456 hashigo
こちらは2軒目のバル。

うなぎの稚魚を乗せた一品が美味しかった。
1軒目で食べすぎてしまったのが響き、
ここでもうお腹が一杯になってしまった。

無念。













FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。