スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタジスタ

ブダペストへ向かおうとトカイを出たばかりの頃、ガーミン(ナビ)の
示すとおりの道を曲がれなかった。

こういう時、ガーミンはすぐに新しい道を検索してくれるが、
田舎の一本道の場合、ひどい道に行かされる場合が多い。

今回は、間違った後しばらくすると「500m先、フェリーに乗ってください。」と言う。


聞き間違いかと思って耳を澄ませていると、また「250m先、フェリーに乗ってください。」
と言い、実際に目の前には川とフェリーの船着き場が現れた。


車が4台くらい乗る位の船が車を1台だけ乗せて向こう側から渡って来たところだ。



面白いので乗船してみることに。というか、他に選択肢もない。



111015DSCN1490 feliフェリー上にて。



111015DSCN1495 felihe
フェリーの長椅子。



111015DSCN1496 kawa
フェリーから見た景色。



乗ってみると中々の景色で、これが結構楽しい。



111015DSCN1497 mukou



秋色の木々に囲まれた静かな川面を、止まっているのかと思う程船はゆっくりと進む。




111015DSCN1501 michi


一時の憩いをくれたガーミンに感謝し、ブダペストへとまた一本道に車を走らせる。



スポンサーサイト

Tokaj

ミシュコルツから約50km程東へ行った町、貴腐ワインの産地
で有名な町、トカイへやって来た。



111015DSCN1467 tokaj



宿泊したペンションにはワインセラーとバーをがついていて、バーのマスターが
フロントを兼ねている。全く英語が通じないマスターなのだけれど、チェックイン
も駐車位置の説明も全く問題なし、コミュニケーションに長けている。


お勧めのレストランを聞いて早速出かけたが、店のドアに犬禁止マークが出ていて、
別の店へ入った。魚のスープと貴腐ワインではないトカイワインを頂き、いい気分に
なってペンションのバーへ戻り、トカイワインを注文、甘くて美味しい。
支払いをしようとすると、スーブニールだといって、代金を受け取らない。

何だかとても温かい。



翌昼、バーにチェックアウトをしに行くとマスターの息子さんが居て、お勧めの
レストランが犬禁止で入れなかった事を伝えると、もう一つの所に自分が案内する
と言ってレストランへ連れて行ってくれた。


素敵なレストランで、本当にネロが入れるかどうかドキドキしながら行くと、
最初はえ、犬?と戸惑っていた店員もネロを見て安心したのか、すんなり入れてくれた。




111015DSCN1460 namazunikomi

お勧め料理のなまずの煮込みを注文。



なまずと聞いて、一口目は恐る恐る食べてみたけれど、なまずがパプリカ
と煮込んであって、平たいパスタとサワークリームが添えられていてディル
が沢山かかっていて、その組み合わせがとてもよく合っている。


本当に美味しい一品。







運転がないヒーだけトカイワインのプトニョス5を頼んでほろ酔いのいい気分に。
目をつぶってしまった写真しか撮れなかったけど、ネロも入れて本当に良かった。


貴腐ワインが造られるようになった経緯も興味深いトカイ。

トカイワインは貴腐ワインの配合割合によって、プトニョスという値が上がる。

5になるとかなり甘いデザートのようなワインだった。

バーに戻ると陽気なスロバキアの男性二人が楽しそうに飲んでいて、話しかけてきた。


ヤンとドミニクと言い、ドミニクの方は森林学者でスロバキア特有の笛の演奏ができる
らしく、ロンドンに親善大使として行った時の様子や日本の世界の車窓からに出演した
時の動画をYouTubeで見せてくれた。ワインをごちそうになり、大いに楽しく
盛り上がった。


マスターは歌ったり明るくはしゃぐ二人に少し怒り顔、ヤンとドミニクはたまに接続が
悪いWifiにハンガリーのWifiだからと言ってみたり、国境はないようでやはりある。


マスターの娘さんお勧めの1991年物のプトニョス4を2本購入し、皆に別れを告げ、
温かい町、トカイを後にブダペストへ向かう。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。