スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンデルダイク

アムステルダムから車で1時間程南に下り、風車が残る町
キンデルダイクへと向かう。


あと15分くらいでキンデルダイクに着きそうという時、
またしてもナビが「フェリーに乗ってください。」と言う。


地図を確認するとフェリーに乗らなくても辿り着けそうなので、
迂回してフェリーを避ける、がキンデルダイク直前でナビがまた
別のフェリーに乗せようとする。


今度は迂回路がどうも遠い様なので、渋々ナビに従い川を渡るだけのフェリーに乗った。




1110DSCN3181 feli
本旅2回目のフェリー。


景色を楽しむというより、今回は実用的なフェリーだった。


フェリーを降りて車を走らせると5分位で風車が見えてきた。



1110DSCN3184 kinder
道沿いに車を停めて、散策に出かける。




1110DSCN3198 kinder2
のどか過ぎる程のどかな畑の向こうに、風車が数基立っている。


こんな町があったらいいな、と思うような嘘みたいに綺麗な風景だ。





1110DSCN3209 fushanero
近くで見る風車は思う以上にとても古く、年期を感じる。




1110DSCN3224 uma
こんにちは君、随分大きな犬だね。


観光客が通っても気にもしない馬も、ネロが通るとこちらを見てヒヒーンと鳴く。



ネロと居ると動物の反応が見れて楽しいなぁ。



犬を散歩させている人も何人か居て、ネロは犬の匂いを嗅ぐのに大忙し。



日差しも暖かく、のんびりした本当に心地よい時間を過ごした。






スポンサーサイト

アムステルダム

バーデンバーデンから半日かけてこの旅最北の都市、
アムステルダムに辿り着く。


車で走っていても特に海抜が低い事は感じられないが、ナビに表示
される現在地の標高は、アムス近郊ではマイナス表示になり、最低
でマイナス8を記録した。


早速夜のアムステルダム中心街をネロと歩いてみるが、路上には沢山
のゴミが散乱し割れた瓶の破片が散らばっていたりで犬が歩き辛い
道が多く、大半はネロをバッグに入れて歩く。


中心街にはコーヒーショップが立ち並び、甘い煙の匂いが立ち込める。



地図を片手に持つ多様な人種の観光客や、いい気分になって何やらよく
分からない行動を取っている若者など、夜のアムスは人で溢れていて
とても混沌としている。犬を連れて歩くには厳しい街だ。


とは言ってもせっかくなので飾り窓地区にも行ってみる。



人がぎりぎりすれ違う事ができるくらいの細い路地に、窓のついた
小部屋が立ち並び、窓からセクシーな格好をしたお姉さんがこちら
を見て手招きをしたり、誘っている。


観光客は1列になって窓を見ながら無言で小走りで歩いていく。

みな緊張しているのが分かる。


とても撮影できる雰囲気ではないが、遠くから撮影してみた。




1110DSCN3148 mado
この赤く光るドアが飾り窓だ。


1110DSCN3164 asaamus2
朝のアムスをネロと散歩、建物が可愛らしい。


ただ自転車と駐車車両が多すぎて、写真を撮ろうとすると風景に
必ず入ってくる。


どうやらこれがアムスらしい。







FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。