スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Heviz

ヘーヴィーズには温泉湖があるというのでやって来た。


温泉湖を中心に、小さなヘーヴィーズの町はあり、宿泊した宿は町のセントル
を見下ろす高台にある。


朝、目覚めて窓から町を見渡すと、まだ夜が明けきれていないヘーヴィーズの町は
全体が霧に覆われていて、幻想的な夜明けが訪れようとしていた。



ネロと一緒に散歩に出かけると、かなり寒いがとても空気が良く気持ちいい。

宿で自転車をレンタルし、バラトン湖まで行くことに。


ヘーヴィーズからバラトン湖までは約7.5km、往復すればサイクリングには丁度いい。


幸い借りた自転車のうち1つにカゴがついていた。


借りたばかりの慣れない自転車でセントルまでネロを乗せて急な坂道を下る。


車道を走らなければいけないが、どこまで車道で行っていいのかルールがよく分からない。


事前に日本で自転車の大先輩N葉氏にいろいろ聞いてくれば良かった。




心配したがセントルからはバラトン湖まで自転車専用レーンが続いていて、
とても走り易かった。森の中を通りぬける、本当に気持ちがいい道だ。





途中、自転車も車も通るのが困難な感じの、レイオ道を発見、もちろん自転車レーンを外れて、そちらへ行ってみる。


木が生い茂るボコボコの山道だ、自転車がマウンテンバイクで本当に良かった。


しかも意外と長い道でなかなか終わらない。





そろそろ不安になって来た頃、やっと自転車レーンへ戻ることができた。




1110DSCN1695 kyoso
今度はネロと競争だ。






ネロぶっちぎりの勝利、さすがは犬、結構速い。






アップダウンを繰り返しながらバラトン湖へやっと着いた。




1110DSCN1750 sokohaumi
中央ヨーロッパ最大の湖バラトン湖、そこは大きすぎてもう海だった。






船着き場にある、バラトン湖が見渡せるカフェでランチ、眺めが本当にいい。


さあ、ヘーヴィーズへ帰って温泉だ。



一旦宿に戻り温泉湖へやって来た、ネロには宿で留守番してもらった。





こちらが温泉湖の入り口、結構賑わっている。



水着へ着替えて、うきわをレンタルしていざ温泉湖へ。






1110DSCN1806 hiroi
わー!寒い!外は極寒、温泉湖の中はぬるめの湯だ。




1110DSCN1817 hi
これは動いていないと冷えてしまう。一生懸命パドリングをして温泉湖を一周する。





温泉湖の真ん中に建物があり、その中には温かい室内の温泉と休憩所やカフェなどがある。

室内の温泉と外の温泉湖は建物の下でつながっているので、外の温泉湖は建物に近い程温かい。

建物から遠くまで泳いでいくと、結構冷たい上に、スイレンと接触してしまう。

スイレンは上から見るととても美しい花だけれど、水中で出会うスイレンは大きくて根が沢山
あってからみ取られそうで結構怖い存在だ。

でも植物と一緒に温泉に入っているなんて面白い。


温泉湖は足が全く届かないほど深く、思いっきり潜ってみても足は届かなかった。


ギャーギャー言いながら無事、温泉湖を一周し、室内の温泉に浸かって体を温めきったころに、閉館の時間がきた。


温泉湖の向いの小奇麗なレストランで食事にする。




1110DSCN1825 triple
ここにも夢のトリプルセットがあった。牛・豚・鳥のソテーを注文する。




1110DSCN1823 soup


一緒に頼んだクリームスープはエビとホタテのだしが効いていて、美味しい。


海の素材を使ってあるスープを食すのは久しぶり、海が近付いてきたようだ。


宿に戻り、真っ暗な中、ネロと夜の散歩に出かける。誰も居ないかと思ったら、
暗がりには、やはり犬と散歩している人たちが2~3組いた。


暗いのでお互い距離をとってあまり近付かない。


長いパドリングと久しぶりのサイクリングで腕と腿がもう痛くなっている事に気づく。


今日はよく眠れそうだ。



スポンサーサイト

Booking.com

宿の宿泊予約にはBooking.comを専ら活用しているが、犬・駐車場・Wifiが
大丈夫な宿を簡単に予約でき、その他の情報量も多いので重宝している。

例えば、ペットを同伴するにはペット同伴可の宿でも殆どが事前リクエスト制
になっていて、予約をする際に犬を同伴する旨を伝え、何か問題がある場合は
ホテルから連絡が入る。


実際に1件だけブダペストで全館ペット可ではないホテルから
入り口付近の部屋が確保できなかった事を理由に予約を断られた事もある。


また、多くの宿がペット料金をチャージすると記載してあり、そのうち、30%くらいがペット料金を実際に
チャージしてくる。たまに、ペット料金が無料と記載してある宿があるが、ここういう宿は他にペット
を飼っているか、ペットの対応に慣れているかで、実際に宿泊してみるととてもネロの事を気にかけて
くれたりして、良い宿が多い。


ということでBooking.comの情報をかなり信頼している。


でも実はそれだけではなかった。


セイチェニーの水着紛失事件のせいで、ブダペストを発つ時間が遅くなってしまい、
宿泊先のヘーウィースのペンションのチェックイン時間に間に合わなくなってしまった。


チェックイン時間の22時より1時間遅い23時に着きそうなのだ。


慌てて宿に電話するが携帯電話からだと国際電話になるせいか、
一向に繋がらない。


仕方なくWifiが使えるガソリンスタンドからBooking.comのサイトの予約内容
のリクエストコーナーからペンションに遅くなる旨のリクエストを送る。


するとリクエストを送ってから30分経たないうちにBooking.comの担当者から日本語で電話があり、
「先方には電話で連絡しておきました。到着するまで待っていてくれるそうですので安心してください。」
と言う。


リクエストは、宿に直接送られるものだと思っていたら、Booking.comがちゃんとリクエストの
仲介をしていてくれたのだ。


きめ細やかなサービスとあまりの早い対応に感激。

この夜更けに、本当にありがとう。

おかげで安心して宿に向かうことができた。

着いた町は街灯がなく真っ暗で宿がなかなか見つけられず、結局宿に着いたのは0時くらい。


夜中にも関わらず、ペンションのご主人は笑顔で迎えてくれ、
2人と1匹はやっと暖かい部屋に辿り着けたのだった。


しかもこのペンションはペットの事前リクエスト必要なしという稀な宿だ。



1110DSCN1833 pension
いつ突然ペットが来ても大丈夫、こういう宿はなかなかない。




1110DSCN1827 pijon
宿にはピジョンという名前のとてもフレンドリーなミニチュアピンシャーが居て、
珍しくネロとも相性が良くお互い楽しそうだった。




ブダペスト

1日何もしないオフを過ごしたあと、今日はブダペスト観光に。


まずは腹ごしらえにハンガリーの揚げパンラーンゴシュを食す。


1110DSCN1537 baba
屋台でおばちゃんに注文すると、その場で揚げて作ってくれた。






1110DSCN1538 sweets
揚げたパンにサワークリームとチーズを載せた一品で、サワークリームの
効果で想像していたよりあっさり食べれて美味しい。





お腹も満たされた所で、くさり橋を渡ってブダペスト城へと歩く。
くさり橋には4匹のライオンの像があり、橋を守っている。




1110DSCN1565 lion
今日は1匹多い。あ、あれネロさんではないですか。






1110DSCN1589 hinero
ブダペスト城の前にて。



どの都市の城も、城に近付くには結構歩く。今日もネロにとってはハードな一日だ。

1110DSCN1575 from bdapestjo








1110DSCN1626 fromcafe
漁夫の砦にあるカフェで一休み。



くさり橋の向こうが見渡せて眺めが良く、生伴奏つきで居心地の良いカフェ。



しかし石造りなのでかなり涼しく、しばらく座っていると寒くなってくる。



1110DSCN1632 gyofucafe
そこでネロで暖を取るLeo。





1110DSCN1646 seido
こちらはブダペスト城の大聖堂。



屋根がとても洒落ている。




ハンガリーは温泉天国でブダペストには日帰りで入れる温泉がいくつもある。
歩きまわった疲れを癒すべく、セイチェニー温泉へやって来た。



1110DSCN1665 setyeney door
この壮麗な建物がセイチェニー温泉でこちらは入り口。






1110DSCN1667 setyeny
こちらがセイチェニーの内部の、プールのような温泉。





温度はやはり低めだが、今まで入ってきた温泉と比較すると温かいほう。


室内にはいくつも温かい温泉やサウナがあり、結構充実していた。





温泉を満喫した後、事件が。



温泉で着ていた競泳用の水着をシャワー室に忘れてしまい、5分後位に気付き
シャワー室に戻り探すが見つからない。


忘れ物係や掃除係に聞いても届いていない、
女子更衣室に居た女性全員に聞いて回っても見つからない。


1時間近く探したが、結局水着は出て来なかった。



盗まれてしまったのか、何なのか未だに不明だが、水着はもう一着持って来て
いるし、そんなに高いものではないし、まあいいか。


でも気に入っていた水着だったので、
出来れば盗まれていて今後どこかで誰かに着られているといい。


などと思いにふけりながらセイチェニーとブダペストを後にする。




ファンタジスタ

ブダペストへ向かおうとトカイを出たばかりの頃、ガーミン(ナビ)の
示すとおりの道を曲がれなかった。

こういう時、ガーミンはすぐに新しい道を検索してくれるが、
田舎の一本道の場合、ひどい道に行かされる場合が多い。

今回は、間違った後しばらくすると「500m先、フェリーに乗ってください。」と言う。


聞き間違いかと思って耳を澄ませていると、また「250m先、フェリーに乗ってください。」
と言い、実際に目の前には川とフェリーの船着き場が現れた。


車が4台くらい乗る位の船が車を1台だけ乗せて向こう側から渡って来たところだ。



面白いので乗船してみることに。というか、他に選択肢もない。



111015DSCN1490 feliフェリー上にて。



111015DSCN1495 felihe
フェリーの長椅子。



111015DSCN1496 kawa
フェリーから見た景色。



乗ってみると中々の景色で、これが結構楽しい。



111015DSCN1497 mukou



秋色の木々に囲まれた静かな川面を、止まっているのかと思う程船はゆっくりと進む。




111015DSCN1501 michi


一時の憩いをくれたガーミンに感謝し、ブダペストへとまた一本道に車を走らせる。



Tokaj

ミシュコルツから約50km程東へ行った町、貴腐ワインの産地
で有名な町、トカイへやって来た。



111015DSCN1467 tokaj



宿泊したペンションにはワインセラーとバーをがついていて、バーのマスターが
フロントを兼ねている。全く英語が通じないマスターなのだけれど、チェックイン
も駐車位置の説明も全く問題なし、コミュニケーションに長けている。


お勧めのレストランを聞いて早速出かけたが、店のドアに犬禁止マークが出ていて、
別の店へ入った。魚のスープと貴腐ワインではないトカイワインを頂き、いい気分に
なってペンションのバーへ戻り、トカイワインを注文、甘くて美味しい。
支払いをしようとすると、スーブニールだといって、代金を受け取らない。

何だかとても温かい。



翌昼、バーにチェックアウトをしに行くとマスターの息子さんが居て、お勧めの
レストランが犬禁止で入れなかった事を伝えると、もう一つの所に自分が案内する
と言ってレストランへ連れて行ってくれた。


素敵なレストランで、本当にネロが入れるかどうかドキドキしながら行くと、
最初はえ、犬?と戸惑っていた店員もネロを見て安心したのか、すんなり入れてくれた。




111015DSCN1460 namazunikomi

お勧め料理のなまずの煮込みを注文。



なまずと聞いて、一口目は恐る恐る食べてみたけれど、なまずがパプリカ
と煮込んであって、平たいパスタとサワークリームが添えられていてディル
が沢山かかっていて、その組み合わせがとてもよく合っている。


本当に美味しい一品。







運転がないヒーだけトカイワインのプトニョス5を頼んでほろ酔いのいい気分に。
目をつぶってしまった写真しか撮れなかったけど、ネロも入れて本当に良かった。


貴腐ワインが造られるようになった経緯も興味深いトカイ。

トカイワインは貴腐ワインの配合割合によって、プトニョスという値が上がる。

5になるとかなり甘いデザートのようなワインだった。

バーに戻ると陽気なスロバキアの男性二人が楽しそうに飲んでいて、話しかけてきた。


ヤンとドミニクと言い、ドミニクの方は森林学者でスロバキア特有の笛の演奏ができる
らしく、ロンドンに親善大使として行った時の様子や日本の世界の車窓からに出演した
時の動画をYouTubeで見せてくれた。ワインをごちそうになり、大いに楽しく
盛り上がった。


マスターは歌ったり明るくはしゃぐ二人に少し怒り顔、ヤンとドミニクはたまに接続が
悪いWifiにハンガリーのWifiだからと言ってみたり、国境はないようでやはりある。


マスターの娘さんお勧めの1991年物のプトニョス4を2本購入し、皆に別れを告げ、
温かい町、トカイを後にブダペストへ向かう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。