スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピラン

1110DSCN2085 asanpo
ホテルの前をネロと朝んぽ、今日は昨日より暖かくて気持ちがいい。


そしてピラン観光、まずは海沿いをネロと歩くことに。






1110DSCN2132 nami
ここは海がやけに近い。



ウィンドサーフィンが出来る所らしく、何人もウィンドサーファーが楽しんでいた。





1110DSCN2120 surfer
岸の方に向かってサーファーがやってきた。




1110DSCN2122 surfer2
ところが倒れてしまい、岩にぶつかりそうな位置で波にあおられる。



1110DSCN2123 surfer3
必死でゲットー。



1110DSCN2124 surfer4
無事沖に戻って行った、ほ。




ピランの町を散策、ピランには中世の建物が多く残り、情緒ある町並み。




1110DSCN2207 banbi
建物の1Fからお友達登場、10カ月のバンビちゃん。




1110DSCN2149 otomodachi
お互い割と気に入ったようで、しばらく遊んでいた。




飼い主の画家のお姉さんも登場し、しばし歓談。


飼い主さんが気を遣ってネロにお水を持ってきてくれるも、飲まないネロ。


感じが悪くて本当にごめんなさい。






ピランが見渡せる塔へ登ることに。




1110DSCN2201 kaidan
塔の上へ登るための木の階段は今にも崩れそうでかなり怖い。






やっと登頂。





1110DSCN2165 from tou
でも上から見た景色は最高だった。






登った甲斐があったね、ネロ。




1110DSCN2213 lunch
海沿いのレストランでランチを。




最近一日中ひっぱり回しているせいか、レストランでさえ
本気で寝るようになってしまったネロ。




1110DSCN2230 nenero
お疲れサン。



スポンサーサイト

ブレッド湖

1110DSCN1968 shima
ブレッド湖には湖の中に教会がある小さな島があり、結婚式で人気の教会らしい。



ボートで島まで行けるのだけれど、今日は外に出たくないくらいのあいにくの雨。


ということでグルメだけ楽しむ事に。


まずはブレッド湖名物、クレムナ・レジーナを食べにパークホテルへ。







大変、犬禁止マークが。




でもネロをバッグに入れて、チャレンジ。


ウェイターさんはボスに相談してみる、と言って少し待った後あっさりOK。


実は最近、犬禁止マークがあってもレストランには入れるケースが多く、断られたことはまだない。


この寛大な対応を本当に有り難く感じる日々。





1110DSCN1942 cake
こちらがクレムナ・レジーナ。




意外と大きいケーキで食べきれるかが不安だったのに、中のクリームがプリンのように
軽いカスタードですぐに完食してしまった。


見た目よりあっさりしていて、本当に美味しい一品だった。




1110DSCN1978 villa
今度は湖のほとりの素敵なレストラン、VILA PRESERENへランチを食べに。




ウェイターに犬が入れるかどうか聞いてみたところ、ダメだという事だったけれど、
後ろから続いて入ってきたネロを見てとても小さいのでやはり大丈夫と言われ、無事入れる事になった。



お勧めのスズキとマスを食すことに。




1110DSCN1972 masu
手前がマスのソテーで、奥がリゾットの上にスズキのソテーが乗ったもの。




どちらも大変美味しく、湖もケーキを食べたパークホテルとは違う角度から見渡せて、すっかり湖を満喫できた。


あまり歩かなくていいし、たまには雨もいいかもしれない。





1110DSCN1982 seki
ちなみにこのお店は外にも席が沢山あって、湖の上にも席がある。


うーん、晴れていたらここで食事がしてみたい。

雨のブレッド湖を早々に引きあげ、イタリアとクロアチアに挟まれたスロベニアの海沿いの観光地、ピランへ向う。



1110DSCN2032 yukiway
道中、リュブリャナを過ぎたあたりの高速道路で何と雪が降ってきた!





1110DSCN2028 yuki
まだ10月なのに積っている!!


しかも全然止まない。


結局1時間くらい雪が降る中高速道路を走った。






やっとピランの真下にある町のホテルへ辿り着く。

海沿いの町でいかにも地中海な雰囲気、海が青い。

今日は景色が目まぐるしく変わる日だ。



1110DSCN2064 machi
海沿いの夕暮れをネロと散歩、気持ちいいね。






スロベニアへ

今日はハンガリーからスロベニアへ向う。


スロベニアの通貨はユーロ、ハンガリーのフォリントをスロベニアの国境直前の
ガソリンスタンドで使い切り、スロベニアのヴィニエットを購入して準備万端。



1110DSCN1845 kokkyo
こちらがハンガリー側から見たスロベニアの国境。


パスポートチェックもなく、素通りする。




1110DSCN1849 ptuj


1110DSCN1864 ptuj kawa
ここはプトイというスロベニア最古の都市、しばし散策。




1110DSCN1855 box
川沿いの公園にオーストリア・スイスに続いて犬用の袋があった!


愛犬家としては、歓迎されているようで結構嬉しい。




1110DSCN1882 maribol
プトイから30km程スロベニア第二の都市、マリボルのセントルのレストランでランチに。





1110DSCN1876 lazanja
頼んだのは店の名前を冠してあったラザニアとサラダ。




スロベニアはイタリアに隣接しているので、美味しいイタリアンが食べられるらしい。


ラザニアもサラダもどちらもとても美味しかった。サラダは、ドレッシングにも油を一切使っていないダイエット食。


最近撮った写真を見るとたこやきを食べている最中かと思うくらい顔が丸くなってきているので、丁度いいかもしれない。






サラダには焼いた鶏のササミが乗せてあり、いつもはレストランでもおとなしくしているネロもさすがに気になるらしく、それいつもは僕のゴハンのはずじゃない?と時々じっと見つめてくる。



で、少しあげてしまった。日本では主食だったササミだけは仕方ないか。






1110DSCN1894 lubucafe
首都リュブリャナに立ち寄り、カフェで休憩。





着いた本日の宿泊先はリュブリャナから北に車で40分程のブレット湖近くの大自然の中にあるペンション。




暖炉があり、ジャズがかかっているおしゃれな入り口。



何と間違って明日の予約をしてしまっていたので、フロントの男性は最初戸惑っていたが、
謝ると何事もなかったかのようにきちんと歓迎してくれた。



しかも部屋をテラス付の部屋にアップグレードしてくれた。



雨の夜道を走ってきて疲れていたところだったので、また親切が身にしみる2人と1匹。





1110DSCN1914 hanmok
嬉しい事に、テラスにはハンモックが付いている。




森の木々が香る中 テラスでのんびり過ごす。



本当に静かで雨の音だけしかしない、大自然の夜。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。